カウンセリングサービス

メールでカウンセリング可能なサービス【会話がイヤな人におすすめ】

更新日:

メールでのカウンセリング

メール

  • 対面でのカウンセリングはちょっと敷居が高い気がする。
  • いきなり初対面のカウンセラーと2人きりで話すなんて緊張して出来ない…。
  • カウンセリングへ行くための時間がない、人に会う気力がない。

という人におすすめなのが「メールカウンセリング」です。

メールでのカウンセリングは一般的によくある対面式カウンセリングよりも利用しやすいなど、様々なメリットがあります。

また、メールカウンセリングで可能な相談内容や、メールカウンセリングの料金相場などについても詳しく解説していきましょう。

 

一般的な対面式との違い

メリット デメリット

対面式とメールでのカウンセリングにはそれぞれメリットデメリットがあります。

どのような特徴、問題点があるのか下記にまとめました。

あらかじめ知っておくことで、どちらを選べばいいかの判断材料にもできますよ。

対面式カウンセリングのメリット

  • 言葉だけでは伝えにくいことが、表情や仕草などからわかってもらいやすい
  • カウンセラーの表情や態度から相手は自分に共感していると感じられる
  • 曖昧な表現や要領を得ない話し方でもカウンセラーが意図を汲んでくれる

対面式カウンセリングのデメリット

  • カウンセリング料金の他に交通費がかかってしまう
  • カウンセリングへ行く時間を作らないといけない(1回平均60分前後)
  • カウンセラーの顔色を気にして本音を打ち明けにくい

メールカウンセリングのメリット

  • 好きな時間・場所、自分のタイミングでカウンセラーに相談できる
  • 相手の反応を気にせず自分の伝えたいことをそのまま文章で伝えられる
  • 人と会って話すことや電話が苦手な人でも利用しやすい

メールカウンセリングのデメリット

  • 文章にまとめることが苦手だと、カウンセラーに自分の悩みを伝えにくい
  • 顔や声のトーンがわからないため、対応が冷たいなどの誤解が生じやすい
  • メールへの返信が来るまでにタイムラグがあるため急な相談に向かない

対面カウンセリングは文字通りカウンセラーと直接会って話をしますよね。

ですので、悩みを言葉や文字にして表現することが苦手な人でも、表情や仕草などでカウンセラーが「クライエントは今どういう状態なのか」を察してくれるという大きなメリットがあります。

しかしそのかわりに対面カウンセリングは、カウンセラーの反応を気にして本音を打ち明けられない、カウンセリングへ行く時間を作らないといけない、交通費がかかる場合がある、などいくつかのデメリットも存在します。

メールカウンセリングの最大のメリットは、初めてメールを送るカウンセラーだとしても、相手がどういう反応をするのかなどを気にせずに自分の気持ちを正直に伝えやすい点。

そして人と会って話すことや、電話が苦手な人でも利用しやすいというメリットもあります。

メールカウンセリングのデメリットを挙げるとすると、悩んでいることを文章にまとめるのが苦手な人だと、自分の気持ちがカウンセラーにちゃんと伝わっているか不安に感じてしまう点でしょう。

 

メールカウンセリングで可能な相談

恋人との喧嘩

メールカウンセリングで相談できるのは、

  • パワハラなど仕事に関する問題、職場での人間関係
  • 自分の性格や不安感、イライラ
  • 恋人や夫婦あるいは友達や姑との関係、トラウマ

などの悩みです。

「仕事に行きたくなくてズル休みしてしまう」、「彼氏とうまくいっていなくて、どうしていけばいいのかわからない…」。

このような自分では大したことないと思うような悩みでもカウンセラーは真剣に相談に乗ってくれます。

  

逆に対応しにくいものは?

メールカウンセリングで相談対応しにくいことは、このようなことがあります。

  • 自傷行為が抑えられないなどの衝動に対する悩み
  • 現在うつなどの症状により通院中で、主治医またはカウンセラーから、他の機関でのカウンセリングを利用することに同意を得られていない場合

また、主治医やカウンセラーの指示に反すること、病気や治療についての相談、重度の心の病がある方からの相談が受け付け不可なカウンセラーもいます。

メールを送ってから返事が来るまでタイムラグがあるため、命に関わる緊急の相談についても対応してもらいにくいでしょう。

 

メール相談文章の書き方

ノートPCで文章を打つ女性

メールカウンセリングを行う上でポイントとなるのが、文字数。できれば500文字以上は書くようにしましょう。

メールカウンセリングではクライエントの詳しい状況がわかる方が良いのです。

そのため最低でも500文字以上、1000文字~1500文字程度もあれば、初めて相談するカウンセラーにも事情が伝わりやすいはずです。

内容については、自身の好きなように書いても大丈夫。

今感じていること、自分の身に起きていることなどを詳細に書きましょう。

自分以外に登場人物がいる場合、「A子さん=私と同じ会社で働く女性同僚」などというように、相手との関係性がわかる簡易的な説明があるといいですね。

メールの形式については平文(テキスト形式)をおすすめします。

標準でHTMLメール形式になっている場合、テキスト形式に変更できればしておきましょう。

また、メールの最初か最後に署名(自分の名前)を記入しておいてください。

  

短文ではカウンセラーが読み取れない

なぜ500文字以上の文字数であるべきか。それは短文すぎるとカウンセラーがクライエントの悩みを読み取れないためです。

もし初めてメールをする人から、いきなり「今日会社に行こうと思ったんですが、行けませんでした…」だけのメールが来たとします。

しかし、これではカウンセラーは「そうなんですね、もっと状況を教えてもらえますか?」としか返事ができません。

メールを送ってから相談への返事が来るまでタイムラグがあるのは、長文でも短文の場合でも同じ。

それなら最初にこちらの状況や気持ちがわかる長文で相談をしておけば、何度もメールをしなければならないという手間を省けます。

  

相談者の文書力に依存する

5w1h

メールカウンセリングでは、相談者であるあなたの文章力に依存します。

つまり対面カウンセリングだと表情や声のトーン、仕草などからもあなたの気持ちが伝わっていたのが、メールだと文章のみのやり取りになるのです。

そのためあまりに曖昧な表現だと、誤解されたりこちらの意図が伝わらない可能性があります。

絶対に筋道を立てて理路整然とした文章を書かなければならない、ということはありません。思ったことをそのまま書いて大丈夫。

しかし要領を得ない文章や、わかりにくい言葉ばかりの文章だと、カウンセラーもあなたをしっかりとカウンセリングできませんよね。

自分の文章力に自信がないという人は、5w1hという文章の書き方をしましょう。

  • 「いつ(何月何日、1ヶ月前など)」
  • 「どこで(会社で、家で)」
  • 「誰(職場の上司に、恋人と)」
  • 「何を(パワハラをされた、喧嘩した)」
  • 「なぜ(仕事のミスで、恋人の浮気が原因で)」
  • 「どのように(激しく怒られた、悲しくなった)」

といった形で書いていくと、自分の伝えたいことをわかりやすくメールに書くことが可能です。

 

メールカウンセリングの料金相場は?

メールカウンセリングの料金相場ですが、1往復(送信・返信)につき2000~5000円の範囲内に設定しているところが多いでしょう。

カウンセラーによっては、30日2万など日にち単位の料金設定をしていることもあります。

対面カウンセリングの場合、料金相場は1回60分前後で2000~1万円です。

比べてみると、メールカウンセリングの方が比較的安く設定されているように感じますね。

メールの他にLINEのカウンセリングもオススメ

LINE トークCARE

カウンセラーのHPに設置されているメールフォームや、カウンセラーのメールアドレスへ送信するといったメールカウンセリング。

その他にも「LINEを利用したカウンセリング」というものがあります。

LINEカウンセリングで有名なのは、

  • 「LINEトークCARE」
  • 「SNSカウンセリング~ココロの相談窓口~
    (2018年3月31日で相談期間満了により終了)」

この2つのサービスではないでしょうか。

「トークCARE」は心の悩みの他に美容やダイエットのことを相談できます。

SNSカウンセリングは厚生労働省の委託事業で、期間限定でLINEによる相談を請け負っていました。

現在はLINE相談は終了し、「心の健康相談統一ダイヤル」で電話相談ができます。

 

対面式とメールの良いとこどり

LINEによるカウンセリングは、対面式とメールカウンセリングの良いとこどりです。

LINEはまるで対面でカウンセラーと話しているかのように早いレスポンスが期待できます。

しかし直接カウンセラーと顔を合わせて話している訳ではないので、家に居ながらリラックスして相談が可能です。

  • 対面カウンセリングに「カウンセラーに会うのが怖い」と感じる
  • メールカウンセリングに「レスポンスが遅くてモヤモヤする…」と感じる

こういう人は、LINEカウンセリングを利用することでその問題も解決するでしょう。

 

おすすめのカウンセラー

「SNSカウンセリング~ココロの相談窓口~」は残念ながらLINEによるカウンセリングを終了しています。

ですので、「LINEトークCARE」の中からおすすめのカウンセラーをご紹介します。

  

1.辰徳(たつのり)先生

辰徳先生

LINEトークCAREでも堂々1位の人気を誇る男性の恋愛心理カウンセラー辰徳(たつのり)先生。

カウンセリング歴は10年とベテランの方で、恋人との関係や不倫、浮気、復縁といった恋愛に関する悩みを得意分野としています。

相談実績は1万人以上、「日刊SPA!」など多数のメディアへの出演経験もあり。

「恋人からこんなLINEが送られてきたけれど、どういう意味?」などLINEの分析もしてもらえます。

ポジティブなカウンセラーで、話しているだけで明るくなれると大人気。

恋愛のことで悩んでモヤモヤしている人は、 辰徳先生に相談してみてください。

プロフィールページに心理系の資格を保有しているかどうかは掲載されていませんが、メンタリストとして長く活躍されている方です。

  

2.大塚 麻由美先生

大塚 麻由美先生

大塚 麻由美先生は夫婦・家族問題を専門とする女性カウンセラーです。

自身も恋愛結婚、離婚・再婚経験のある方で、夫婦や家族の悩みにはとくに強い方。

結婚前のカップルや、結婚後の関係に悩む夫婦の相談者から慕われています。

大塚 麻由美先生は米国NLPTM協会認定NLPマスタープラクティショナーや、色彩心理診断士、交流分析カウンセラーなどの資格を保有しているカウンセラー。

相談経験が豊富なだけではなく、知識もしっかりと持っています。

悩んでいる相談者と一緒にどうすればいいか考えてくれる、優しいカウンセラーです。

初めてでも話しやすい方なので、カウンセリングをしたことのない人でも相談しやすいでしょう。

  

3.吉田 靖先生

吉田 靖先生

吉田 靖先生は恋愛や人間関係の悩みを得意とする男性の心理カウンセラー

離婚やうつの経験がある方だからこそ、辛い現状に悩んでいる相談者の気持ちに対して寄り添うように優しく対応してくれます。

心理カウンセラーの資格を保有しており、これまでに2300人のカウンセリング実績あり。

下は10代、上は70代の方までカウンセリングをしてきたベテランのカウンセラーです。

親身に話しを聞いてくれる、男性視点からのアドバイスをもらえる、重い悩みでも丁寧に相談に乗ってくれると評判の良い方。

優しくて経験豊富なカウンセラーが良いという人におすすめです。

まとめ:メール・LINEカウンセリングは利用価値あり

スマホを見ながら微笑む女性

  • 「対面カウンセリングは行くのにちょっと勇気がいる」
  • 「電話が苦手だから電話カウンセリングができない…」

と悩んでカウンセリングを利用できないでいるなら、敷居の低いメール・LINEカウンセリングをおすすめします。

メール・LINEカウンセリングは対面式や電話と違って、カウンセラーに会わなくてもいい、声ではなく文章でやり取りができるというメリットがあります。

これならばカウンセリングに拒否感を持っていた人も、気軽に利用できるでしょう。

今すぐスマホで「オンラインカウンセリング」

緊急で話を聞いてもらいたい。そんなとき『今すぐお家からカウンセラーに話を聞いてもらえるサービス』を利用する人が増えています。初回無料があるおすすめを書いておきます。

LINEトークCARE

オンラインカウンセリングの中でも代表的なサービスが4つあるのですが、 そのなかで、「LINEトークCARE」がダントツで利用しやすく、お金の負担も少ないです。

さまざまな種類の悩みに専門家がいますし、初回は10分無料時間が付与されるので、かなりお財布には優しく試すことができます。

coconala(ココナラ)

テレビCMで一躍有名になったココナラ。このサイトのカウンセリングコーナーは非常におすすめ。 全国にいるたくさんのカウンセラーが常に待機をして、要望者にオンラインカウンセリングを行ってくれます。

店舗のカウンセリングとは違い、「5分だけでいいから弱音を吐きたい」とか、ちょっとした頼り方ができるのが素晴らしいですね。

今なら初回登録時には3000円分の無料クーポンをもらえるので、かなり最初は自己負担ほぼゼロで試すことができます。

-カウンセリングサービス

Copyright© フィーチ , 2019 All Rights Reserved.